彼の食事のマナーが悪く気になる!どうやって伝える?伝え方の例文あり

彼の食事のマナーが気になる

彼の食事のマナーが気になる・・・

一緒に食事をしていて彼のマナーが悪い・・・

でも、彼の食事のマナー以外は気になるところはなく、とてもやさしくていい人。

これからも関係を続けたい・・・

そんな時、どのように彼に伝えたらいいか悩みますよね。

テーブルマナー講習を今まで600回以上、また男性にも食事のマナーをお教えしてきたマナー講師が、最適な”伝え方” “言い方”を解説します。

彼の気を悪くさせず、彼自身が直そうと決意する、そんな上手な伝え方です。

伝え方の例文(見本)もあります。

彼の食事のマナーの悪さで悩んでいる女性は必見です!

彼の食事のマナーが悪く気になる!

彼の食事のマナーが気になる

食事のマナーが気になる人、というのは、よく一緒に食事をする人です。

友人や会社の方などであれば、毎日のように食卓を囲むわけではないので、気になってもガマンができます。

ですが、” 彼氏の食事のマナー”

家族のように一緒に過ごし、当然一緒に食事もする。

もし、あなたが気になってしまったら本当に悩みますよね。

まず、伝えるか伝えないか問題

michiko先生

彼に伝える、という選択をしてください!

伝えない、という選択肢はナシです。

これは、あなたが彼を大切に思う気持ちがあればるほど、「伝える」という勇気をもってくださいね。

伝える前に、大切なことを確認しましょう

彼の食事マナーの悪さを伝える勇気をもってもらえたと思いますが、大切なことを確認します。

男性の特徴を知っておきます。

・男性は、注意されることが嫌い

・男性は、上から目線で言われることが嫌い

・男性は、口うるさい女性が嫌い

・男性は、幼少期からの常識を否定されるのが嫌い

これらの特徴をみると、とてもマナーの悪さを注意なんてできないように思いますね。

・・・いいえ、違います。

これらの特徴を知った上で、この特徴を避けながら伝えるようにするのです。

食事マナーの悪さの、彼への伝え方の心構え

彼の食事のマナーが気になる

食事のマナーの悪さを相手に伝えるなど、相手がだれであっても難しいもの。

とてもセンシティブなことになります。

こういったセンシティブな事柄を相手に伝えることは難しいですが、大切な彼とのことですから、通らなければならない道なのです・・・

”注意する”という気持ちはなくす

「食事マナーの悪さやまちがいを、相手に注意すること」

本当は、マナー違反を注意(指摘)することこそが、マナー違反なのです!

私のテーブルマナー講習では、最初に必ずみなさんに話す重要なこと。

本当は、「マナー違反をしている人を注意してはいけない」のです!

なぜなら、注意された人が恥をかいてしまうから!

では、このマナーの話を踏まえた上で彼に伝えることが、解決への道となりますね!

みていきましょう。

彼に恥をかかせないように伝える

彼の食事のマナーが気になる

本当は注意(指摘)してはいけないけれど、それは ”赤の他人の場合” です。

ここでは大切な、これからも付き合っていきたい彼の話の場合。

恥をかかせないように伝えるということが最も重要になってきますね。

決して、”お母さん” のようには言わない

一般的に、男性はマザコン寄りと言われていますが、

お母さんのようなやさしさは求めるけれど、お母さんのような口うるささは求めていない!

男性は、口うるさい女性を嫌います。

むしろ、口うるさく言われてしまったら 逆に反発したり怒ったり、すねたりするかもしれません。

そうならないために、はじめが肝心です!

【伝え方の見本あり】彼へのマナーの悪さの伝え方

では、実際に伝え方の事例をみながら最適なものを選んでいきましょう。

彼の心(意志)を動かすことが最良の道

「伝え方が大切」とは、「伝え方次第で彼の心を動かす」こと。

彼の心が動かなければ、マナーの悪さは直らないのです。

彼の心が動くとは、彼が「食事のマナーを直そう!」という意志をもつこと!

彼が自分で「食事のマナーを直そう!」「マナーを直したい!」と思うことが最良の道なのです。

大切な彼に、お願いする言い方をする

注意する、指摘する、のではありません。

大切な彼に、お願いする言い方でいってみて♪

彼を大切に思っているという、あなたの気持ちを必ず添える

あなたが彼にマナーの悪さを直してほしい一番の理由は、彼のことを大切に思っているからですよね。

けっして、「一緒にいる私が恥ずかしいのよ!」なんて一番に思っていないハズ。

その事実をまず、伝えてくださいね。

あなたのことを大切に思っているから、聞いてね。

食事の時に○○するの、私とっても気になってしまうの。

○○しない方がいいなとおもうんだけど、どうかな?^^」

私、あなたとこれからもずっと一緒にいたいと思ってるから、ちょっと、聞いてもらっていい

食事の時に○○するの、・・・(上記に同じ)」

「あなたのことが大切だから」「あなたを愛しているから」「あなたと一緒にいたいから」・・・と、あなたが彼を大切に思っていることをまず伝えてください。

この枕詞を聞くと、男性は反発心がなくなります!

つまり、聞き入れてくれるということ

まずは聞き入れてもらい、そして ”あなたの気持ち” を伝えることによって彼の心を動かします。

” 私が正しい ”の姿勢はダメ。彼を尊重する気持ちを忘れない

彼も、自分ばかりがいわれることは好みません。

そんな時、必ず彼を尊重する言葉を添えます。

「私も完ぺきではないのだけど、何か気になる事があったら私にも言ってね^^」

これが言えたら完璧です。

彼がへそを曲げてしまう結果より、こちらが言葉を少し添えるだけでうれしい結果になるのだから ぜひとも添えてくださいね♪

一緒にマナー教室に行ってみない?と誘う

テーブルマナー教室

「テーブルマナー教室、こんなのあるんだって」

と、一緒に受けてみない?と明るく誘ってみる!というのもいいですよね。

初心者の方のためのテーブルマナーレッスンをしているマナー教室もあります。

私が主宰するスクールでも、団体レッスンやグループ(二人でも)レッスンがあり、悩みに応じたレッスンが可能です。

どうしてもあなたが伝えにくい・・・と思えば、「一生ガマンしたり」または「別れを選択する」前に、ぜひご相談くださいね。

第三者から客観的に教えてもらうと、すんなりと受け入れてもらえる可能性も高くなりますよね。

ふたりの楽しいイベントのように、あなたが率先して楽しみにしている雰囲気をだしておくことも忘れずに。

また、もし本当に申し込むのであれば、あらかじめ彼には内緒で 先生に事情を説明しておくといいですよね。

うまくいくと思います。

michiko先生のテーブルマナー教室はこちらです

伝えた後のこと・・・できていたら、褒めることも必要

無事、伝え終わり、その後で注意することは。

すかさず褒める

完璧でなくても、少しでもできていたら褒めてください。

” 褒める ”ところまでが今回の課題!

男性の特性として、いい意味で ”単純” というものがあります。

男性は、褒めて育てるのです。

彼もうれしい、もっとがんばろうと思う、そしてあなたもうれしい。

好スパイラル♪

簡単に直せそうなところから

食事のマナーは長年の習慣です。

生まれてからずっと彼はそのようにきたのです。

それを今日言って今日直せるものではないので、まずは簡単に気を付けられそうなところから伝えるといいですね。

もしくは、簡単に直せるようなこともあらかじめ言っておいて、直せたらすかさず褒めるのもいい方法です。

気長に待つ

長年の習慣、完璧に食事のマナーが直るまで気長に待ってあげてください。

ポイントは、彼があきらめていないか、だけを見て、あきらめずに日々努力しているならば、

気長に待ってあげてくださいね

そして、できてはいないけれど

努力している姿を褒めてください

褒めるのも、「偉いね」ではなく、「(努力してくれて)ありがとう」ですよ♪

彼の食事のマナーで、絶対に言ってはいけないこと

食事マナーの悪さを彼に伝える際、絶対に言ってはいけない言葉があります!

ぜひ知っておいてください。

親を否定しない

「食事のマナー=育ち・しつけ」といわれます。

たしかにそうなのです。

ですが、

・「どんな育ち方をしたの?」

・「お母様はなにも注意してくれなかったの?!」

など、口が裂けても絶対に言ってはいけません。

親を否定されることほど、いやなこと、または許せない気持ちになる事はありません。

一生言わないようにしましょう。

人格を否定する言葉をうっかり言わない

「今までどうやって食べてきたの?」

「誰も注意してくれなかったの?」

「いままでそんなの見たことないよ!おかしいよ」

人格を否定するような言葉、うっかりでも言ってしまわないようにしましょう。

食事のマナーに限らず、身近な人に「全否定」されることほどイヤな気持ちになるイヤことはありませんよね。

人間だれしも完璧な人などいないのです。

相手がひどくマイナスな気分になるような言い方は絶対に避けましょう。

まとめ

彼の食事のマナーが気になり、伝えにくいと思っていた気持ちが「伝えてみよう!」に変わりましたか?

一生ガマンするのも、別れを選択するのもさみしいですよね。

ポイントをおさえ、彼自身が直そうと意志をもつ伝え方で、ぜひ伝えてみてくださいね。

お互いがよりよく歩み寄り、相手が気になると言ってくれたことには素直になり、最高の二人になれるといいですね。

応援しています!

下の記事もぜひ参考になさってください♪